So-net無料ブログ作成

2015 追いコン! [企画]

ども!
ヨシキです!
ブログ書くの初めてです

この前途中まで書いたのに携帯がバグって書いた記事が消えてイラっとしました(−_−#)

なのでサクッと手短にいきます笑


3/26に卒業された先輩方を送り出すため、追いコンが実施されました!
内容としては琵琶湖でボート出して釣りからの焼肉♪


image.jpg

当日の天気も超快晴!

まだ少し肌寒かったですが最高の釣り日和

気になる釣果のほうは...?

キムさん!メタルバイブで!
image.jpg
我らが会長丸田さん!ネコで確実に仕留めてきます
image.jpg

なんとか私にも!ジグヘッドワッキーでした
image.jpg

八尾先輩はもう流石の一言つきます笑
image.jpg

いいね!
ここ最近の追いコンの釣果に比べると上出来じゃないでしょうか笑

それにしても八尾先輩の釣果凄いですね〜
全部ジャークベイトフィッシュだそうです笑

今年は私も八尾先輩のようにハードベイトで好釣果が出せるよう練習したいもんです

まあそんな感じで釣りの部は終了!


夜は焼肉!!!

image.jpg
image.jpg

実は私、今回卒業される先輩方で面識があったのは八尾先輩だけだったというのは秘密です笑

追いコンなのに主役の方々とはじめましてってどーゆーことや( ̄◇ ̄;)
って感じですがそんなこと気にならないくらい楽しかったです♪


食事の方も終了し無事追いコンは終わりました
先輩方にも楽しんで頂けたでしょうか?


最後に、今回卒業された八尾先輩、川幡先輩、蔦川先輩、尾崎先輩、今までDASを盛り上げてくださりありがとうございました!

社会人になると忙しくなるでしょうが釣りに行き続けて下さい♪

で、もしお時間があれば釣りに誘って頂けると我々後輩は嬉しいです!

それではまたいつか釣り場でお会いしましょう(^^)/~~~



追伸
DASでは新入部員を募集してます!
ブログやTwitter、メールを通して気軽に連絡して下さい!
釣り経験者もそうじゃない方も、どんな人でも大歓迎!

それでは、皆さんからの連絡お待ちしております!

image.jpg

BYE!

淡路島!!野池&海~! [企画]

どうも! じぐろーです



最近DASのブログがタイ遠征で埋め尽くされてしまってますね・・・笑

ちゃんと他の企画はしてるのですが・・・



と、いうことでひさびさのタイ以外の内容です!








今回は毎年恒例の淡路島にいってまいりました~

海だけでなく、野池めぐりもおこなってきました






メンバーは、八尾さん、蔦川さん、キム、ヴァッカ、僕です。







さて、12日の朝に住道駅まで八尾さんがむかえにきてくださりいざ出発~

さすが、三連休ということだけあり高速は混んでました・・・



我ら同志社生は三連休じゃあないのに巻き添えをくらいましたわ




八尾さんは「レーザー銃がほしいな~」
といってはりました。






なぜかというのは




ご想像にお任せします・・・





そんなこんなで淡路島に到着!!



さっそく野池を見つけて釣り開始!!
IMG_6160 (640x480).jpg



最初の野池はこんな感じ
IMG_6163 (640x480).jpg
IMG_6164 (640x480).jpg



なんだかよさそうな雰囲気・・・



IMG_6168 (640x480).jpg
IMG_6172 (640x480).jpg



そして・・・




IMG_6165 (640x480).jpg

IMG_6166 (640x480).jpg



こーんな感じのミニバスがぽろぽろつれました~



みんなバラバラの場所で釣りしてたので、写真はすくないのですが・・・





最近琵琶湖でボウズ続きだった僕はこんなサイズでも十分たのしかったです笑



池をいろいろ移動して


(どこがつれるんかなぁ~)



って考えて釣りしてるだけでも楽しいものです!


次の池に~
IMG_6174 (640x480).jpg



しかし、次の池は周りに厳重なバリケードが張り巡らされていて入れずまた移動



IMG_6177 (640x480).jpg



三つ目はこんなとこ


IMG_6178 (640x480).jpg
IMG_6179 (640x480).jpg



さらに、雰囲気はええ感じ・・・






でも、釣れない笑




途中から僕は八尾さんにジャークのアクションの仕方を教えてもらい、キムは蔦川さんにベイトのバックハンド?(だったかな・・・)を教わりその練習時間になっていました笑



そうしているうちにちょうど時間もいい感じになってきたので、海に向かうことに



IMG_6181 (640x480).jpg



そして、今回のメインであるサビキ釣りを開始!!


目標、計1000匹!!!

IMG_6183 (640x480).jpg

IMG_6185 (640x480).jpg




型のいいアジがぽろぽろと釣れました


そこからしばらくサビキをつづけ、アジがそこそこつれた頃に八尾さんがアジを活餌にシーバス探しのたびへ









そして、五分後・・・・















IMG_6190 (640x480).jpg






でました~~



70ほどありそうな見事なシーバスでした!!




他の釣り人もうようよ集まってきました








このシーバスを八尾さんがかけたとき「タモ!タモ!!」




といわれたんですが、僕とヴァッカはタモのありかがわからずうろうろ・・・




(やばいよ、やばいよ~)




なんて二人しておもっていたら、待ちきれなくなった八尾さんがぶっこぬいてました。






グラスロッドでほんまによかった・・・




淡路島三回目にして、はじめてシーバスの顔をおがむことができました。







そして、このシーバスがヴァッカの釣り魂に火をつけ、彼もシーバス探しのたびへ






僕も触発されてエギングをしにいったのですが風がつよすぎて断念・・・





おとなしく、サビキを続けました









そして、極寒の夜になっていく・・・





IMG_6202 (640x480).jpg
寒さのあまり縮こまる蔦川さん





IMG_6205 (640x480).jpg
石像の如く動かなくなるキム










でも、今回の淡路島には大きな救世主が!!



IMG_6186 (640x480).jpg
これです






八尾さんがもってきてくださったコンロとヤカンと水






そして、途中のコンビニで購入したカップめん




普段なら当たり前のものがこの状況ではめちゃめちゃ大きな存在に





こうして、寒さを耐えしのぎます





ここで、ついにヴァッカがシーバスに敗北・・・

餌はとられたらしいですがのらなかったとのこと






サビキも一匹づつが時々つれる程度にとまってしまい、ちょっと寒さと眠気をたえるのに危険な状態なりつつあったころ







なにかが、こっちを見ている・・・





IMG_6207 (640x480).jpg






正体は・・・・





IMG_6209 (640x480).jpg
ネコ~




そういえばコイツ去年もいました




暇つぶしに餌付けしました
IMG_6216 (640x480).jpg
IMG_6222 (640x480).jpg

最初は警戒心バリバリだったんですがこっちをちらちら見ながらアジを、ぱくっばりぼり、とおいしそうに骨まできれいに食べてました。


IMG_6223 (640x480).jpg
何匹かあげたら完全に調子にのり、アジのはいっている本丸まで手をだしてきました


かわいいので許しましたけどね!




IMG_6212 (640x480).jpg
するとまた調子こいて、先輩のかばんの上にのりだしました





まぁ・・・かわいいからね・・・・







おもったんですがコイツ自分のことをかわいいとおもってやってるんじゃないでしょうか・・・







いやな女や









人間にはだまされないよう気をつけなければ・・・






IMG_6219 (640x480).jpg
ツーショット~

IMG_6224 (640x480).jpg
ネコ大好きな八尾さんも戯れてました









そして、朝が訪れ釣り終了!










去年と同じく八尾さん宅にて仕分けをおこないました
IMG_6228 (640x480).jpg
IMG_6225 (640x480).jpg
IMG_6226 (640x480).jpg



1000匹にはとどかなかったですが500匹はいってたとおもいます




こんな感じでした!

昼間はバス釣り、夜は海釣りという釣り三昧の二日間でした




ほんとに楽しかったです!


こういうちょっとしんどい企画があるからこそみんな仲良くなれるんだとおもいます



いろんなことを話せますし、なにより不思議な連帯感みたいなものができる。と勝手におもっています





最近は琵琶湖ばっかりでしたが、やっぱり海もいいなぁ~とあらためて感じましたね



これからは海の季節になりますので、シーバス、エギングのリベンジ、ガシラなどの根魚をねらいにまた海釣りの企画をしたいとおもっていますので、いってきましたらブログ更新いたします!

以上です!

ついに完成! [企画]

八尾です。

あぁ、ついに出来ました。


なんとか間にあった。





いい物ができましたよ!






P8020370_SP0000.JPG




P8020371_SP0000.JPG




P8020372_SP0000.JPG




P8020374_SP0000.JPG




P8020376_SP0000.JPG






お先に着させていただいたが、「すごい!」の一言!


まず、軽い!

サラサラして気持い!

汗をかいてもすぐに乾いて、とても涼しい!


それでいて、紫外線などもカットされているんですから、言う事なしといっても過言じゃないですよ!






ついでに、このポロシャツ機能のおさらいです。

①DRY加工で、乾きやすい
 
②UV90%カット

③UPF20%カット

④消臭糸使用

これを作るのに、いろいろと大変だった。


なんといっても、国産で、この機能と、職人の手作業による高級プリントを用いている(絶対に剥がれません)ので、普通に作ったら高価になるんです。


でも、私、頑張りました!



交渉に交渉を重ね、なんとか現役生2500円、OBさん3000円(送料代など全て含む)に抑え込むことに成功!!!

はっきり言って、儲けなし。

むしろ在庫をすべて私が抱えるので、大赤字・・・。

すこしでも多く、皆さんが買って、在庫を減らしてくれることが、私にとって一番負担が軽減するんです・・・。







さて、実際に着てみた感じは、こんな感じです。





カラー①:エヴァ
P8010362.JPG

なんといっても、色のコントラストが美しい。 目立ちます!




カラー②:バレット・ビー
P8010363.JPG

明るいのに、品がある。 決して、イヤみのない、まったりとしたイエローを激選しました。





カラー③:ニッポン
P8020364_SP0000.JPG

シンプル&インパクト。 我が誇り、日本。





カラー④:レトロ
P8020368_SP0000.JPG

写真ではなく、実際にその目で見てほしい。 もっとも鮮やかで、柄の魚が生き生きしています。





カラー⑤:マリン
P8020369_SP0000.JPG

海の風が全身を吹きぬけます。 The 爽やか! 日焼けをした人におススメ!









胸には、すべて釣り竿を持ち、馬にまたがる柄をプリント。

P8020367_SP0000.JPG

少々、うけ狙い要素もありますが、本当は、最近のDASのみんなの興味や活動が、積極的に世界に向けられ、これからも日本だけでなく、世界中で活躍する人間を育てるというメッセージも秘められています。





サイズは、M~XXLまで用意しています。

すでに売り切れる予感がするカラーもあり、みんなにすぐに希望のカラー・サイズが手に入るか不安ですが、とりあえず早い者勝ちということで、明日(8/2)以降、京田辺BOX・新町BOXにて販売いたします。


OBの方で、購入希望の方は、以下のアドレスまで連絡を!

※名前・住所・連絡先・ほしいカラーとサイズ・枚数を記載の上、連絡くださいませ!




tomochi1220@gmail.com





ご連絡、お待ちしています!


ポロ・デザイン [企画]

描き描き・・・。










ほぼ、デザイン決定かな・・・?









ポロ・前面の胸部
P7030230_SP0000.JPG


「某ブランドに激似!!!」 とか言わないでください。














背面デザイン
P7030231_SP0000.JPG


ドット柄になるでしょう。

できるだけ、魚っぽさを消すために、プリントの素材を特殊なものを用います。

このポロ・プロジェクトの裏では、日本の繊維業界の超・職人の技が、ふんだんに使われていることは、ご存知?

すべて国産・職人の手作業なんだよ~



カラーも、4パターンから、選べる5パターンに増加!!!

派手な色から、爽やかな色まで計画中!!!!!!


みなさん、どんどん買ってください。
(儲けゼロ・・・)






なんとか、夏休みまでには生産したいなぁ。






By Yao Tomochi




DASポロ・プロジェクト進捗状況 [企画]

ども、八尾です。

メンバーの皆のアイデアをもとに、どんな魚を使うか、とりまデザイン中・・・。


たくさん言ってくれたけど、どれをどの配置に、そしてどのようなベースの色の生地に、どの配色で配置するか。

その他にもいろいろ考えていますが、みなさん、なにかアイデアがあれば、なんでも言ってくださいませ。

ただ現状で分かっていることは、ポロの生地素材。

①ドライ加工ですぐ乾き、かつ涼しい
②消臭糸使用
③UV90%カット
④UPF20%カット

その他にも長く使ってもらうために、丈夫でかつ着心地のいい物を使います。


まさしく釣り人のためのポロじゃない?





まぁ、簡単なデザインですが、こんな感じかな?
P6040142_SP0000.JPG

ブラックバスの模様にスペースがありますね。
何が入るか考えてみてください。

※ヒント ・・・ 誰かの似顔絵が入ります。         それは、オザ菌に描いてもらう予定。




おそらく魚のシルエットを用いるでしょう。

色は好きに変えられます。


眠いから、また明日にしよ~




2013年度キス釣り大会 [企画]

お久しぶりです[exclamation]じぐろーです
ブログを書くのはタイ遠征以来ですね

あれから長かったようで短かったです


さて、今回は毎年恒例のOBさんとのキス釣り大会です
今回の現役生のメンバーを紹介します

本年度会長タモンさん
IMG_0768 (640x480).jpg
なにかを悟っておられるようなお顔です・・・


今年から参加される三回生テルさん
IMG_0613 (640x480).jpg
釣りはまったくの初心者らしいです

注目の一回生マルタとヴァッカ
IMG_0671 (640x480).jpg
IMG_0593 (640x480).jpg

彼らはかなりの釣り吉です[あせあせ(飛び散る汗)]ヴァッカ君はアベレージで週に三回琵琶湖にいくらしいです・・・

マルタ君も週一のペースで琵琶湖にいくとか
やヴぁいですね~ ちなみに彼は前日に僕と琵琶湖で徹夜で夜釣りをしていました

あれは死ぬかとおもいましたよ


途中参加されたシンディさん
IMG_0689 (640x480).jpg
二連覇しようとやる気マンマンでした

僕です
IMG_0647 (640x480).jpg


そして急遽参加のビーン
IMG_0667 (640x480).jpg
またこいつがいろいろと・・・


さて、現役生は電車で敦賀駅までいきそこからOBさんがむかえにきてくださることになっていたのですが
IMG_0599 (640x480).jpg




じぇーあーるがおくれました
IMG_0592 (640x480) (2).jpg
やっぱりじぇーあーるは・・・






やめておきましょう笑

そんなこんなでアクシデントもありましたが無事敦賀駅に到着
そこから民宿かんたまで松本さんにおくっていただきました
IMG_0606 (640x480).jpg


途中で釣具屋に寄っていただきゴカイを購入


とゆうことで去年と同じく宿についてすぐに堤防からつりを開始[exclamation]

IMG_0621 (640x480).jpg
IMG_0622 (640x480).jpg
IMG_0623 (640x480).jpg


そして
IMG_0625 (640x480).jpg
こんなのや

IMG_0627 (640x480).jpg
IMG_0628 (640x480).jpg
こんなのが釣れました

写真はないですがマルタとヴァッカもガシラを結構釣ったらしいです


夕食の時間になったので帰宿


ことしもたくさん豪華な景品がありました
みんなわれこそはと殺気立っていました
IMG_0638 (640x480).jpg

IMG_0641 (640x480).jpg

IMG_0639 (640x480).jpg
三位ヴァッカ
みなさん三位になったらどうするつもりだったのでしょう








僕?
僕は辞退しますかね


夕食
IMG_0650 (640x480).jpg

IMG_0653 (640x480).jpg

とてもおいしかったです
OBの方々とも交流できましたし
ビーンは松本さんに何回も

「おまえそれ何杯目や!?」




ときかれ




「二杯目です~笑」

といっていました


夕食も終わり風呂はいってねるかー








となるわけはなく夜釣りにいきました


IMG_0698 (640x480).jpg
よっぱらってよくわからないことをヴァッカに語るビーン
僕らはヴァッカを人柱にしてつりをしていたのですが









釣れん


夕方は入れた瞬間にあたりがくるのに・・・
30分くらいやっていたのですが前日も夜釣りをしていたぼくとマルタについに限界がきたのでさきにやどに帰りました

宿に帰ると風呂に入り明日の準備をします

IMG_0702 (640x480).jpg
スピニングかベイトで迷うマルタ

IMG_0703 (640x480).jpg
シンディさんと松本さんにいろいろ教えていただき明日の準備は完了!

松本さんのリールはなんと30年ものだとか
シンディさんのリールは一巻き一メートルだとか
やっぱり物凄いですね


十二時くらいに夜釣り組が帰ってきたので明日に備え就寝[眠い(睡眠)]

ちなみに釣果はテルさんのメバルのみだったそうです




そして勝負の朝[exclamation×2]


なのですがまたあいつがやらかしました









豆野郎ですね


あさ五時のことです
民宿のかたが起こしにこられ
「若いかたが倒れてます!!」








風呂場で寝てたらしいです
朝まで
みんな飛び起きていったらしいです
僕は寝てて知らなかったのですけどね


まあ、そんなことは置いといていよいよメインのキス釣りです
しかし船に近づくにつれ去年のリバース地獄がおもいだされます・・・
リボさんが泣いたやつですね



しかしことしはみんな酔い止めをのんでいったので大丈夫でした
波もほとんどなかったですし

船がバージョンアップしていました
IMG_0714 (640x480).jpg
IMG_0713 (640x480).jpg
イスとトイレがついていました


出港
IMG_0720 (640x480).jpg
ほんとに波がおだやかでよかったです


いざ!釣り開始!!

IMG_0759 (640x480).jpg
IMG_0754 (640x480).jpg
IMG_0732 (640x480).jpg
IMG_0734 (640x480).jpg
写真はとれなかったのですがみんな釣れました
少なくともぼくは八尾さんスペシャルのおかげですね


帰港
IMG_0765 (640x480).jpg

表彰式
IMG_0786 (640x480).jpg
IMG_0788 (640x480).jpg

現役生で入賞したのは
数 同率四位シンディさん、八位ぼく、九位マルタ
長寸 二位ビーン、同率八位ヴァッカでした


来年は上位入賞を狙っていきたいと思っています

そのあとは昼ごはんでカレーをたべ帰宅です
IMG_0801 (640x480).jpg
爆睡[眠い(睡眠)]

かなり長くなってしまいまいたがまだまだ書ききれないほど楽しかったです
これも全て一泊飯つき船代込みで一万円という破格の値段で参加できるようにしてくださっているOBさんの方々のおかげです

本当にありがとうございます


今回こられてない新入生の方々もめちゃめちゃたのしいので是非来年いきましょう[exclamation×2]






ちなみにつった魚は
IMG_0803 (640x480).jpg
IMG_0810 (640x480).jpg
干物

IMG_0811 (640x480).jpg
から揚げ 
 
IMG_0815 (640x480).jpg
てんぷら

IMG_0816 (640x480).jpg
刺身

こんな感じでたべました

美味そうでしょ笑[exclamation&question]
食いたい!とおもったかたは来年一緒にいきましょう







同志社立命館合同チャリティーイベント [企画]

どうも。最近買えもしない車への物欲がハンパない副会長の川幡です。


更新が遅れましたが、先週の10月7日の日曜日、立命館大学釣り同好会と
合同で琵琶湖にて合同チャリティー大会を開催してきました。


(大会名の通り、このイベントの参加費の一部は寄付させていただきました。)

この企画、夏前に構想はしていて、色々な大学を招致する予定でしたが、私自身の行動力のなさから通知が 遅れ、今回唯一参加してくださった、立命館大学釣リ同好会会長の谷口さんとのコンタクトも開催半月前とい う状況でしたが、両大学から多くの方が参加してくれたことはとても嬉しく思っています。

(何せこの企画、私がサークルに入って初めて発案したものだったので...)

また、今回は唯一の女性参加者として、この前の朽木にも来てくれた高橋さんも参加。
PA070012_SP0000.JPG


さて、当日ですが、私は車で唐崎に向かったのですが、色々なミスがあって30分の遅刻をしてしまい、早朝から大ひんしゅくを買ってしまい、30分遅れで出船。

(当日の琵琶湖の状態ですが、水の状態が悪く、さらに前日の雨のせいもあってかなり濁っていたため、かな りタフコンディションでした。)

今回、皆さんがどんな攻め方をしたのは知りませんが、
(会長のパータン氏はスピナべ改造チャター、八尾さんはラバージグをメインで展開したと聞きましたが。  ちなみに、高橋さんは一日中ネコリグを投げていたらしい。)

私は、

「川幡はメガバスは使わずライトリグしかしない」

と言われ続けていたのもあったので、
午前中はハードベイトを投げ倒したものの、1バイトのみの結果。
終了1時間半前になって結局ネコリグに手を出しましたが、一匹を水面近くでバラした以外は反応がありませんでした。

結局、ノーフィッシュのままタイムアップ。
その後、皆さん寄港して、釣ったバスを計量することに。
先述の通りタフコンディションでしたが、半数近くの方がバスを釣っておられました。
PA070016_SP0000.JPG
50upを釣り上げられた吉田さん(立命館)

PA070015_SP0000.JPG
バスを釣ってご満悦の ”神童”ことビーン(濱口君)

PA070019_SP0000.JPG
今回初めてバスを釣ったじぐろー(坂井君)
(ちなみに、彼はブラックバスより先にバラマンディー、チャドー、メコンオオナマズを釣り上げた珍しい経歴の持ち主)


PA070018_SP0000.JPG
ちなみに、私が今回一番迷惑をかけたかもしれないナカジー(中嶋君)(ゴメン)

PA070010_SP0000.JPG
高橋さんも一匹釣りあげていました。

さて、その他の結果ですが、

会長 パータン氏 ・・・ 0g(ノンキー1匹)
副会長 タモン氏、私(川幡) ・・・ 0g

等々、散々な状態でした。
(同志社の2回生で釣りあげたのは高橋さんのみ)

PA070017_SP0000.JPG
ノーフィッシュという結果に、苦虫を噛んだような表情になる私。

そして、皆さん計量した後、副会長タモン氏より結果発表

結果
1位 吉田さん (立命館)
2位 鈴木さん (立命館)
3位 八尾さん (同志社)
4位 石田さん (立命館)
5位 原さん   (立命館)



ハイ、見ての通り惨敗です

(参加者は同志社の方が多かった)

もっと釣行回数を増やさなければ、と感じました。


その後、協賛品の詰め合わせを上位5人に渡し、残りはじゃんけん大会をして皆さんで分配しました。


PA070021_SP0000.JPG
最後に皆さんで記念撮影(立命館との涅槃仏コラボ)

DASでは恒例になってる涅槃仏ですが、今回は去年のタイ遠征以来になる私がすることに。


今回、僕らの代としては初めて他大学との合同企画を行い、通知の遅れもあって少し慌ただしくなってしまい ましたが、参加者の皆さんのは楽しんでもらえたと思っております。

このチャリティーイベントは、もっと参加大学を募って是非来年も開催しようと考えています。

そして、この企画を機に、大学の垣根を越えた合同での企画をもっと発案していきたいですねww


このたび、このチャリティーイベントに協賛いただいた各メーカー様


(以下、順不同)

株式会社デプス 様 

株式会社イマカツ 様

株式会社常吉 様

  株式会社ダイナミックス 様

  株式会社デュエル 様


  O.S.P.Inc 様

有限会社ガンクラフト 様

  株式会社ロマンメイド ジャパン 様

  ヴァガボンド 様


本当にありがとうございました。

7月琵琶湖バス釣り大会 [企画]

こんにちは。
最近、我が家に原付がきて有頂天になってる蔦川です。
今回は7月の1日に行ったバス釣り大会をお送りします(更新が遅れてスミマセン[あせあせ(飛び散る汗)]

今回は雨模様で日頃の暑さから逃れバスたちの活性もあがると思ってわくわくしていたのですが...

「やはり、人間雨に勝てズ[もうやだ~(悲しい顔)]

バスどころか、人間の活性も下がりまくり(;--)

そんな中、何時もお世話になっている「ランカーハウス」さんの2馬力船がリニューアルした事やカットテールでの子バスとの格闘がこの上ない癒しでした[ぴかぴか(新しい)]

今回の釣果(大きい順の発表)
DSC_0276.jpg
今回の優勝者であるシンディーさん。今年度は絶好調です[わーい(嬉しい顔)]

DSC_0278.jpg
2位は私でした。このときにカッパを脱げばよかったと後悔しています[たらーっ(汗)]


DSC_0279.jpg
3位の新入生、桂田君。雨の中すさまじい集中力を見せてくれました。

DSC_0277.jpg
4位の尾崎君。今回は私との同船で雨の中楽しく釣りを展開してくれました[手(チョキ)]


釣果は今回も悔いの残る結果となりましたが、これをバネに夏休みはとことん合宿をやりたいと思います[手(グー)]

集合写真[手(チョキ)]
DSC_0280.jpg


エギングのすゝめ [企画]

ブログをご覧のみなさま、こんにちは。
最近、我が家でも釣りビジョンが導入されたため、常に釣り番組を見られる幸せに浸っているバスキチです。

この間、ボックス内でリボ氏がソルトルアーフィッシングも行いたいと言っていたので
少しばかり私が初心者のためのエギング紹介記事を書こうかと思います。
私の趣味趣向が、かなり入っているとは思いますがご覧くださいませ!!


まずは、これが無いと始まらないタックルについて!!

・ロッド
 バスロッドと同じく、ピンからキリまである種類と価格帯の中から選ぶのはかなり迷うと思いますが
新規で始めるのに数万円のロッドに手を出すのに抵抗がある方も多いはず!?
近年、エギングロッドに必要とされている一日中ロッドをしゃくっても疲れない軽さとエギを水中で確実に跳ねさせるシャッキリ感は低価格帯でもちゃんとしたロッドが売っているのでエントリーモデルを購入すれば大丈夫かと!!

下にリンクしてあるクロステージは、私もいまだに現役で使用している信頼できるロッドなのでお勧めです。

 
メジャークラフト(Major Craft) クロステージ CRS-862EH

メジャークラフト(Major Craft) クロステージ CRS-862EH

  • 出版社/メーカー: メジャークラフト
  • メディア: スポーツ用品



・リール
 リールに関しては、バス用のリールに下糸を巻くなりしてからPEラインを巻けば初めのころは不満なく使えるかと思います。エギング専用リールを持っておきたいというバブリーな方wwは、やはりエギをしゃくる際に疲れないぐらいの軽さ防錆性能があれば十分です。
こちらも下のカルディアあたりが一番無難だと思います。


ダイワ(Daiwa) NEW カルディア 2506 826624










・ライン
 ラインに関しては誰が何を言おうと絶対にPEライン+フロロリーダーを推奨します。
エギングで釣果を伸ばすコツとして、烏賊はエギのフォール中にしかバイトしないという事を考慮してエギの横方向への移動距離をできるだけ小さくするエギを少ない横方向への移動距離で跳ねさせるという事がよくあげられます。
まずは、下の画像をごらんあれ。

無題.jpg

エギングにて水より比重の重い「フロロ・ナイロンライン」を用いると、どんどんラインが沈んでいき画像の様な状態になります。この状態で、エギを動かすためにロッドをしゃくると、エギは海底と平行にダートし、移動距離もかなり長くなってしまいます。
しかし、水より比重の軽いPEラインを用いると海面にほとんどのPEラインが浮いている。この状態でエギをしゃくるとエギは上方向にダートし、かつ移動距離も抑えられるためPEラインは必須です。

また、バスフィッシングだけを行う方は、よくPE直結で良くない??と言いますがエギングではエギを底まで沈める釣りなので、もし底に岩があれば摩耗に著しく弱いPEラインは即プッチンなので「PEライン+フロロリーダー」のラインシステムを組んでくださいね!!

ラインもシマノから発売されているパワープロで十分ですよ。


シマノ(SHIMANO) PowerPro 150m PL-515H YELLOW 0.8号 999030








・エギ
 エギも慣れてくると地合いに合わせてカラーチェンジを行うなどをすると思いますが、初めの内は信頼できるカラーを幾つか揃えて信じて投げ続ける事が大事だと思いますので、釣具屋さんに足を運んでカラーは好きな物をご購入ください!

そんな私は、アジやサバカラーのリアル系エギを溺愛していますww
意外にお安いのもお気に入りの理由です。

DSC_0375.JPG



最後に、夏季休暇に海合宿を企画しようと考えているので一緒にアオリイカを釣りに行きましょう!!
毎年恒例のDASソルジャー部隊養成企画でもある耐久合宿も参加したい方は是非ww

DSC_0337.JPG

恒例の朽木釣行 [企画]

今年も行ってまいりました朽木渓流魚センター
この時期になると、気候もいよいよ冬めいてきて、一年の終わりを感じさせられます
さて、毎年恒例の朽木釣行ですが、これまた恒例の遅刻イベントが発生
今回の遅刻者は~…主務のS出です[ぴかぴか(新しい)]
反省してください
今年は3時間のみという短い時間の実釣となりました
理由は…ちょっと足らない位がいいんじゃね?とほぼ私の独断で決めてしまいました
しかし、満足度でいえば悪くありませんでした…よね?
今回の大物賞は前回の陸王覇者のO先輩でしょう
CIMG0352_convert_20101201192513.jpg
しっかり口にかかっていましたね
さすがです
私はミノーで放流直後の無垢なイワナをイジメていました

昼過ぎにマス釣りは終了しその足で敦賀へ向かうことに
釣り具店に寄った後、遅い昼食をとるべく
”とある”中華料理店に入店しました
そこで…いろいろありました(私の口からは言えません)
まぁ何はともあれその後釣り場へむかいH先輩の指導のもとジグを投げると
H先輩のジグに何かがCIMG0354_convert_20101201192548.jpg
エソだそうです
この後、癒し系であるU先輩の快進撃によってサゴシがネットイン
201011262330000.jpg
Net inどころかOn the chopping boardです
群れが回ってきた、チャンスだ!と思ったのもつかの間
暴風雨により退散
三重から来ていた私は散々道に迷い、約3時間運転しっぱなしで帰りましたとさ

さて次は年末の忘年会ですかね
詳細は連絡します

陸王決定戦2010 [企画]

真の陸王を決めるべく、京都駅に腕に覚えのある8人の猛者が集まった
そして決戦の舞台となったのは某野池群
CIMG0340_convert_20101109173149.jpg
朝11時に一斉にスタート
釣れそうな雰囲気がむんむんするが、みえバスがいないのが気になる
池のコンディションは悪くないのに魚の気配がしない
開始後2時間ほどたった頃いよいよ不審に思い始める
釣れない・・・あまりにも釣れない
他の池で釣りをしているN村に電話してみるが釣れていない様子
終わってから聞いた話だが、実はその周辺の野池一帯はつい最近水を抜かれたらしい
そうとは知らず皆キャストを続ける
が、バイトもほとんどないまま終了となる
結局ウェイインできたのは2人だけ
サイズは2匹で40前後
優勝はO先輩
2位は酔っ払いN田君
CIMG0342_convert_20101109173243.jpg
素敵な賞品が贈られました
3位分の賞品は次へキャリーオーバーです
大会はここでお開きですが
京都上京区周辺組はこの後鴨川へ二次会
CIMG0343_convert_20101109173317.jpg
H田さんが見事にナマズをヒットに持ち込みこの日は終了

今回幹事を務めたN村、N澤君お疲れ様でした
次はイブ祭です、概要はメーリスでお伝えしていますが、時間があればUPしていこうと思います
参加者お待ちしています

陸っぱり釣り大会 浜大津 [企画]

6月1日

朝起きると私にとってバッドニュースが飛び込んできた

「木村カエラ、瑛太と結婚」

この日は琵琶湖の浜大津でコアユパターンのデカバスを釣ろうというのに

幸先の悪いスタートだ…

しかし、グズグズはしていられない

14時に京都駅に集合をかけている

急がなくては



京都駅に到着すると今日の日を待ちわびた3名のハンターが目をギラつかせていた

「ぜったい釣ってやる」

口には出さないが全員の顔にそれが出ていた


大津駅に到着して我々がまず向かったのはコンビニである

いきなりポイントに向かうなど素人のすることだ

まずは水分と食料の確保が優先される

釣り人というものはポイントを前にすると我を忘れHPが減っていても気づかない

そこを敵に狙われたら命は無いのだ…


コンビニまでの道中は荒ぶる気持ちを落ち着かせるためかハンターたちは世間話に花を咲かせていた

すると、ふと一人のハンターが気づいた

「コンビニはまだか?!」

いつもならとっくに着いているはずである

しかし周りにはコンビニらしき店は無い…

そのとき怪しげなチャクラを放つ老婆がこっちを見ているではないか!

まさかあの老婆が写輪眼で我々に幻術をかけたのでは!?

恐る恐る老婆に話を聞いてみると驚くべき事実が老婆の口から語られたのだ

「ヒヒヒヒ、そのコンビニならつぶれたぞい。新しい店は8月3日にオープンじゃて。」

どうやら幻術ではなかったようだ

それにしても、やたらと8月3日のオープンをプッシュしてくる老婆であった…

関係者なのだろうか?

怪しげな老婆は親切にも近くのコンビニを教えてくれ

無事に飲み物と食料を確保することができた


浜大津に着くとハンターたちは瞬歩で一瞬にして姿を消してしまった

私はいつものポイントでいろいろ試すがまったく反応が無い

上空には不気味な黒雲が広がり対岸ではゲリラ豪雨が降っていた

100601_1628271.jpg

まったく反応が無いまま時間だけが過ぎていく

他のハンターたちは釣れているのだろうか

そんなことを考えていると異様な霊圧が近づいているのことに気がついた

するとコアユたちが跳ね始め水面が騒がしくなってきた

明らかにコアユは何かにおびえている

この霊圧の正体はなんだ?!

どんどん近づいてくる

いまにも霊圧に押しつぶされそうな中

後ろを振り返るとそこに一人の男が立っている

それは破面のバスキチであった

彼の出現のおかげで活性があがったのか何とかバスをキャッチすることができた

100601_1824051.jpg

我々が狙っているサイズではないがまあいいだろう

この調子で釣れ続くと思われたのだが甘かった

日が沈むとコアユたちは忽然と姿を消しバスもいなくなってしまった

時間も当初予定していたよりも1時間オーバーし20時に終了となった


他のハンターたちも思ったほどの釣果はあげられなかったようだが

某カシコ大学から参加してくれたハンターが40アップを捕獲したようだ

さすが厳しい状況の中でもその頭脳をもってすればバスはつれるようだ


バス釣りにも頭は必要なのだろうか?!

今回はそんな新たな研究材料が見つかった釣行であった

海への憧れを抱く者たち・・・ [企画]

201004250527000.jpg

25日に「ひなちダム」で行われた田辺プロ参戦!!の釣り大会をレポートします。

まず、初めにこの大会を企画・運営してくださったプロショップかつき様にお礼を申し上げたいと思います。

このような貴重な経験を体験させていただき、ありがとうございました!!


201004242157000.jpg

さて、大会のレポートです。

現地まではレンタカーを借りての参戦で、日産 NOTEをレンタルして行きました。

なんと、納車されて間もない車のようで走行距離が3000キロ未満!!

この時点で私たちのテンションは一気に急上昇し、京都南ICへとご機嫌に向かいました。


NOTEからは「これ以上アクセルを踏まないで~」と聞こえてくるようなエンジンの悲鳴がなりひびきましたが

順調に深夜の高速を所々で運転手交代しながら三重 名張へと向かいます。

途中、追い越し車線を走っていた大型トラックをスバル車がハイビームで煽っているのを見てか

O迫君が「首都高バトルしとるな~」という程、夜の高速は荒くれ者が多く怖かったです(笑)


そして、約3時間前に集合場所に到着!!

早すぎるため、24時間営業の某ピエロ?のお店に突入!!!

201004250246000.jpg

田舎のお店なのでほぼ貸し切り状態の店舗で店内はガラ~ンとしてましたが

無謀にも外気温2度の中、外で座っている有志を発見。

背中の「Mマーク」の本当の意味はまさか・・・なわけないですよね!?


カフェインを異常摂取した私たちは、4時になったので会長との待ち合わせ場所に移動。

その後、ひなちダムへ~!

201004250607000.jpg

到着し、しばらくするとご来光です。

そして大会受付を済ませ、ボートに乗船。

会長は慌ただしく会場を駆け回り大変そうでした~。

201004250735000.jpg

さて、遂にスタート!!

画像では少なく見えますが、後ろにたくさんの参加者がいらっしゃいました。

フィールドの詳細を説明しますと・・・

細かい枝の濃いブッシュにダム全体が覆われていて、ブッシュを越えた水深から急に深くなるダムです。

ってかダムってこんな感じなんでしょうか??

あえて言うと、今江プロのDVDに収録されている「メキシコ バカラック」に激似でしたよ。

201004251246000.jpg

ナイロンラインでテキサスもできないロッドでこんな場所、どうやって攻略するんだ・・・と

途方にくれましたが、当初考えていたハマミノーで押し通しました。

ブッシュぎりぎりにミノーを落としてジャーキングを繰り返えすもチェイスすら無し…。

しかし、タダ巻きには好反応で40upぐらいのが猛烈に何回もチェイスするもバイトには至らず。

おそらくポイントとの距離を取れなかったのがダメだったのかと思う。


昼に近づくにつれてチェイスもバイトも無くなり、会長艇にシーシェパーディングしに行く事に!!

「釣れた~!?」と聞くと、某財閥の御曹司 シンディーが一匹釣ったようだ。

201004251247000.jpg

こ、これは???

「ウェイインしてからのお楽しみですよ」だそうです。

ヒットルアーはカット〇ールの尻尾だそうな。

さすが、外道釣り師のシンディーの異名を名乗るだけはありますね。


さて、私の船はボウズ…でしたが遂にウェイインです。

ちなみにウェイイン率は5/30という超低率だったみたく、かなり厳しいダムのよう…。

その中で田辺哲男プロは、デカバスを釣り上げられ

ウェイトは1.8kgだったかな?とプリプりのバスを持ちこまれました。

201004251356000.jpg

全員初めてのフィールドだったのに、これがトッププロとアマチュアの差というものだろうか…。

やっぱりもっと練習を重ねないとね~!!

201004251457000.jpg

続いて、田辺プロのセミナー!!

今日のパターンを説明されましたが、私と同じでミノーで釣られたようです。

レイダウンミノーMID110でブッシュの隙間に上手くキャストし

ロッドを上向けにジャークすることでルアーの移動距離を抑えながら

強烈なフラッシングでブッシュの中で浮いているバスにアピールしたようです。

どうやら、私の釣りは間違いではなかったようですが精神面で釣れるバスも釣れなくなったのか…。


そして、表彰式!!

さすがにバスでの受賞は逃しましたが、コバスでも釣れれば入賞できたのに…。

しかし!!

DASのこの男がやってくれました!!!!

201004251523000.jpg

さすがは東北地方で圧倒的な力を持っているだけありますな!(笑)

サクラマスを釣り上げての情けの入賞!?

ヒットルアーはなんですか?と聞かれたのにも関わらず「カットテールの尻尾」とは言えなかったようですが

DASの歴史に残る一戦になりましたとさ~!!

田辺プロにも「これサクラマスだよね~。 どうやって釣ったの?」と直接話しかけられるほど

ある意味でヒーローになってました。


以上、カオス要素は一切なしの大会レポートでした。





最後に、七色遠征に誰か参加しませんか?

U山さん、勉強の息抜きで七色の大自然に癒されてみませんか~と直接指名してみます(笑)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。