So-net無料ブログ作成
検索選択

タチウオが熱い! [釣行記]

お久しぶりです!
2回生の祖父江です! 留学に行っていたためブログの更新ができていませんでした汗 
これからまた釣りに行った際は更新していきますので、よろしくお願いします!

さてさて、今回は2回生のよしもんと、4回生の丸田さんと共にタチウオを狙いにいってきました! 

僕とよしもんはタチウオ初挑戦だったため、アクションの方法などを丸田さんにレクチャーしていただき、手探り状態でスタート。 

IMG_4774.JPG

丸田さん開始早々にヒット[\(^o^)/] さすがです笑 

しかし、当日は風がとても強くラインの操作がとても難しく釣りがしづらい状況でした。
そんな中頑張ってみましたが、僕とよしもんはノーヒットで終了、、、

必ずいつかリベンジします!

IMG_4763.JPG

家に帰ってから丸田さんにいただいたタチウオを塩焼きにしてみました。 
釣りたてはやはり美味しいです笑笑 


最近どんどん海釣りに興味が出てきたので、バス釣り以外の釣りにどんどん挑戦していこうと思います!
それでは!

毎年恒例!キス釣り大会! [釣行記]


2回生の祖父江です!
少し遅れましたが、先日開催されたOBの方々、現役混同のキス釣り大会の模様を書いていきたいと思います! 


このイベントは、船からのキス釣りバトル!
初心者からベテランのOBの方々まで、容赦無しの真剣バトル!!

数釣りではやはり経験者が勝りますが、この大会の面白いところは、他魚部門や、長寸部門が設けられているところ!  
現役組の初心者でも、ビギナーズラックで大きなキスや他魚種が釣れれば入賞の可能性がおおいにあるのです! 


さて!
2つの船で出船!

image.jpeg

他方の船の釣果を気にしながら、同船のメンバーで釣りを楽しみました!

image.jpeg

朝のうちはアタリが多く釣りやすいのですが、昼に近づくにつれてアタリも少なくなりキスを釣るのが難しくなっていく印象でした。 

楽しい時間はあっという間で、港に帰着!




さっそく計測です。

数釣りの部はやはりOBさん方が強い…  
と思いきや  去年会長の丸田さんが2位に!

image.jpeg
さすがです!
写真はこれしかないのでこれで笑 

そしてそして、私、祖父江もたまたま釣れた大きなホウボウで他魚の部門で2位に!笑 






image.jpeg
他のメンバーも色々賞品をGETしておりました! 

今回はたくさんの現役組の参加もありとても盛り上がり、最高のイベントとなりました!

image.jpeg

また、企画から賞品の用意などをして下さったOBの方々、美味しいカレーを今年も用意して下さった旅館の方々に本当に感謝です!ありがとうございました! 

来年も開催予定ということなので、釣りの腕を磨いてまた参戦したいと思います! 




持って帰ったキスは天ぷらにして本当に美味しかったです!!
これもまた釣りの楽しみ!


以上!毎年恒例キス釣り大会でした! 

image.jpeg


5月の琵琶湖 [釣行記]

2回生の祖父江です!

5月に入ってからちょこちょことDASメンバーと共に琵琶湖に出撃していたのでその模様をお伝えします!

image.jpeg


こちらは5月上旬のDASメンバーのよしもんとの釣行!


50UP 2本をキャッチでき、かつ数釣りも楽しめ5月らしい楽しい琵琶湖でした!





こちらは本日の釣行!
image.jpegimage.jpeg
メンバーの奥西くんナイスサイズのバスをキャッチ! 

産卵をまだ終えていない個体や、終えて回復へ向かう個体、 様々なバスたちが混在する少し気難しい琵琶湖でした。


そして!

これからはバスアングラーならみんな大好きな!梅雨、夏本番にかけてとトップでの釣りが楽しめる季節が到来!  
様々なフィールドに出向いて行こうと考えております!    


そして!6月12日はDAS恒例のキス釣り大会の予定!  たくさんのDASメンバーとともに福井の海を満喫して参ります! 


それでは!



琵琶湖! [釣行記]

初めまして!2回生の祖父江です!
バスフィッシングをメインでやっていますが、チヌやシーバス、海での餌釣りも時々やっております!  

さて今回は!
4月になり、暖かい日も続いてバスフィッシングいよいよシーズンイン! ということで、聖地琵琶湖へと行ってまいりました!  
レンタルボートで朝から出撃の予定だったのですが、途中寄り道をしておかっぱりでのナイトフィッシングも楽しんできました(^o^)

なんと到着して、1投目で…
image.jpeg
いきなりの40UP[右斜め上]?[右斜め上]?[右斜め上]?[右斜め上]?
リグはワッキーリグでございます!

幸先良かったものの、そんなに琵琶湖も甘くはなく、その後はアタリがこない…(°_°)

シンカーをひとつ軽くして、より丁寧なアプローチを続けていると… 
小さなコンッというアタリが!  
フッキングすると重い!
これはデカいと確信。


…。




慎重なやり取りの末あがってきたのが、、、

image.jpeg

これぞ琵琶湖というような素晴らしい体高の50UP!!! 
測定すると52㎝でした[右斜め上]?[右斜め上]? シビレました笑 


そしてナイトフィッシング終了。
仮眠をとり、朝5時半。ボートで出撃!


午前中は雨の中頑張りましたが40㎝に届かないくらいのサイズを3本で終了。 

12時をまわったあたりから風が吹きはじめ、みるみる爆風へ…

沖は危険と判断しワンド内へと移動しましたが、今回の爆風はレベルが違いました…

撤収!


午前だけの釣りとなってしまいましたが、釣りは自然が相手なので仕方ありません。


またリベンジしたいと考えております!

以上、祖父江の尻すぼみ釣行でした!

image.jpeg


マスタージャークとジャーク修行 [釣行記]

どもども


よしきです!



この前の土曜日、DASのOBである八尾先輩に琵琶湖でジャークベイトの修行をつけていただきました♪




とりあえず苦手なジャーク!
疲れる釣りだから何と無くやり込むことを敬遠していたジャーク!

と、まあ今までそんな感じやったんですが...σ^_^;




今回の釣行で一気にジャークのイメージが変わっちゃいました!

もうね、奥が深いのなんのって...
ルアーへのアタックの仕方、釣れる魚のコンディションの良さときたら...ジャーク、最高でした!



釣果?


下手くそな私もちゃんと獲れましたよ、少ないですけど...~_~;




image.jpg




image.jpg
あとは小さいオス1匹


八尾先輩に関してはもう釣られすぎて数は覚えていませんw
流石、世界のフィールドでジャークされている方です...


とりあえず私のもとにある写真だけのせます♪


image.jpg


image.jpg


八尾先輩の詳しい釣果は先輩のブログでupされると思うのでそちらを見てくださいm(_ _)m


ジャークのテンポ、ラインの巻き取り量などですごく釣果が変わることがよくわかりました
やり込む価値ありです!
というか今年ボート出したら100%ジャーク練習しますわ♪

誰か一緒に行きません?





さてさて
ここまではごく普通に釣行記ですがここから先は真面目な話(書いていいのか微妙ですが今後役に立つかもなので書きます)


というのも昼過ぎ、ポイント移動の際に我々は沈みかけの無人バスボートを発見してしまい即110番

幸い、乗っていた方は救助?発見?されていたみたいで無事だったそうなのでよかったんですが琵琶湖で遭難なんて命に関わります


特に春は午後から風が吹いて荒れやすい~_~;
危険を感じたら釣りはやめてゆっくり帰りましょ...
下手にボートを信用してとばすのも危ない危ない

よく話には聞きますがまさか自分が当事者となるとは思わなかったです~_~;

もしも琵琶湖などで今回のような場面に遭遇したらまず落ち着いて110番!
で、他の方の協力を求める!
これでOK!


最後にとりあえず言いたいことはこれだけ!
安全第一で楽しもう!



では(・ω・)ノ



明石でジギングデビュー!!! [釣行記]

お久しぶりですおまるでございます!
つい最近人生初のオフショアジギングに挑戦してきたのでその模様を書きたいと思います~



当日のプランとしては、初めの数時間はタチウオ、そこから頃合いを見てメジロ、ブリ狙いにシフトという感じです(^^)




いい景色ですね~



夜明け.jpg



ナイキと海.jpg



まず初めのポイント
水深は50m、ジグは150g前後のものを使用します。
ここではスローピッチのジャークからステイ、もしくはフォールで探っていきます。
タチウオというと強烈なバイトを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、この釣りにおけるタチウオのバイトは非常に繊細でした!
わずかなラインの動きや手元に伝わる違和感を片っ端からフッキングしていくという非常に面白い釣りでした(^^)
ジギングめちゃくちゃおもしろいです…!!



そうこうしているうちにメジロのポイントへ入ります。
ポイントは先ほどと同じく50m、しかしジグは250gを使用します!!
こちらはルアーが重たく、激しいジャークを求められるのでめちゃくちゃしんどいです(^^;;



そうこうしていると同行してくれた友達にヒット!



バッシー.jpg



みたことないくらいデカイサワラでした!!!



こここらバイトは頻繁に出るんですがバラしの連続…さらにはサワラにラインをスパーン!と切られたり…

この日、結局ぼくはタチウオだけで終了しました…悔しいジギングデビュー…いつか絶対リベンジしたる!!!!



集合写真ン.jpg



ぶりとさわら7.jpg



哀愁漂う背中



ここでなんと!!
落ち込むぼくに優しい二人からブリとサワラのプレゼント!!
お造りにしゃぶしゃぶに堪能しました。
本当においしかったです。



スアブシャブ.jpg



実はここから一時帰宅。そして明石を通過し淡路島へいってきました!その模様は次回!


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

ちょっと前の淡路島釣行 [釣行記]

ども、ども

最近、太ってきた八尾です

どなたか、私と大学のジムに通いませんか?マジで



実は我々、DASは今月初めの11月3日に淡路島に恒例の(?)、アジ釣りに行ってきたのでありましたが、私が写真をなかなか、更新しなかったので、今頃ですが更新いたします

というか、僕の他にも誰かもっと写真を撮りなよっ!!!
(皆、釣りに行っても全然写真撮らないジャン・・・)



まあまあ、私の愚痴はこれくらいにして、当日は10人となかなかの人数だったので、二組に分かれて現地に向かいに行くことに

ここのポイントは、行けば必ず、1000匹以上釣れるマル秘ポイントなんです

しかし、近年、このポイントにも多くの釣り人が・・・
5年前は、誰もいなかったのに・・・


私の車は、パータン・じぐろ・オザ菌・ビーンだった気がする

車の中で、オザ菌が、菌を巻き散らしていました



八尾車はいつでも、現地に着くのが早いのでさっそく釣り開始ですわ

PB030101_SP0000.JPG




途中に怪獣が現れました


『ボラギノールのCM風な猫』
PB030105_SP0000.JPG


猫アレルギーの僕だが、超猫好きなので、命をかけて触れ合う
PB030106_SP0000.JPG


覚悟を決めて触りまくる・・・
(いつも後で後悔します)


じぐろはさっそく、サビキちゃんをしてます
PB030109_SP0000.JPG


オザ菌は根魚を狙ってる
PB030115_SP0000.JPG



同様に根魚を狙っていたパータンにガシラさんが
PB030119_SP0000.JPG

このガシラは今頃、パータンのとなっているのでしょう・・・



そんでもって、さっきの猫がずっと私の近くにいるんですが、どうしましょ

居座ってしまってるし
PB030120_SP0000.JPG



可愛いから、膝の上に乗せたり、抱っこして遊ぶ僕
(もちろん、あとで後悔します)


ビーンが僕のデジカメでパシャパシャ、何かを撮っていました




それがこの写真
PB030124_SP0000.JPG


ビーンは夕日を見て涙を流していました
きっと心がキレイなんでしょう、たぶん

周りがそろそろ、暗くなったくらいにもう一方の車がご到着

さっそく夜の釣りが始まります


夜のじぐろ
PB030127_SP0000.JPG




あっ、帰国子女の原さんだ
PB030129_SP0000.JPG



夜のタモ吉
PB030130_SP0000.JPG


こそこそ、タバコを吸うタモ吉
PB030134_SP0000.JPG

「なにしてんの~」、と私が近づくと必ずタバコを消すんですが、なぜ?
気を使っているのか、後ろめたさでもあるのかな・・・



夜の竿師
PB030135_SP0000.JPG


夜の弁護士・小林ちゃん
PB030141_SP0000.JPG


彼にはまだ、はっきりとしたニックネームが無いから、早期に決めねば・・・




ところで、写真ばっかりで、全然釣りの話が無いと思っていません?





これが釣果です
PB030139_SP0000.JPG

エギで釣れたゴカイ





冗談です



ホントは、アジが500匹ほど
夜の3時頃から大きなイワシの群れが入ってきて、700匹ほど爆釣でしたわ
(すべて、美味なマイワシ)

※写真は撮り忘れました・・・、ごめんなさい



とにかく、なんのトラブルもなく、笑いが絶えることもなく、めーちゃくちゃ楽しかったのではないでしょうか?
どうでしたか、後輩の皆さん?

この場所は年内いっぱいまでは、こんな釣りができるので、また行きたい人は、個人でも行けるでしょう
もう道は覚えたでしょ?


(ところで、今回の釣行にはリボは参加していなかったけど、“リボ”という単語を5000回ほど皆が連呼していたのは、なぜ?)




※DASニュース
・今年も、もうすぐ終わりますね
この一年、いろんなことがありました
同志社に入学して、進んでこのサークルに入った者
なんとなく入って、釣りとDASの独特の雰囲気にハマってしまった者

各個人でいろんな思い出があるでしょうが、また来年の自身とサークルの繁栄を願うために、年末から正月にかけて、バイクで富士山に初日の出を見に行きます!!!!!!
登山はしませんよ)
今のところ、私と、(たぶん)ターモンが行く予定です

のんびりした正月は、老後に十分味わえれるので、若い頃は無茶しましょう

(110cc以上のバイクを持っている者のみ参加可)

nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

蒜山高原、山籠りの旅 [釣行記]

こんばんは、今週月曜日の朝、もうすぐ1限目が終わりかけの時に、
ターモンと出会った八尾です

話を聞くと昨晩、例のビーンが家に来て、「今夜は帰りたくない…」と言って、泊まったらしく、しかもワインを2本を軽く空けたらしく、翌朝壊れたターモンをほって、ビーンは学校へ行ったそうな・・・

最近、ターモンの話に必ずといって登場するビーン

奴らはできてしまっているのか…?

(私も今週わけあってターモンに泊めてもらうのだが、その日もが泊まりに来ると聞いた)




話は飛んだが、今回はこの前の岡山・蒜山高原山籠りの旅についてである

去年はたった4人と少人数であったが、今回は8人っ!!!
( しかも今回は、あのDASの伝説的OBさんも途中参加!!! )

人数も多いので、車も2台で行くことに

私の方は、8時くらいに住道駅集合
リボ組は10時くらいに集合?

現地に着いたのは我々は12時前くらいで、彼らは14時前くらいだった気がする
たぶん


初日は、日本海釣り
2日目は皆で、栗拾い・火遊びの予定であったのだが、先に早く着いたので、私・キムチアゴキン・私の友人の計4人で、掃除や栗拾いをしときました
PA130023_SP0000.JPG


暇な私は栗文字で楽しむ
PA130026_SP0000.JPG


さてさて、リボ組ですが、向こうはレンタカーだったので、運転はリボとパータンです
(きっと、車内では奴のマシンガントークが止まらないんだろうなぁ・・・)

※ 後にビーンがそのマシンガントークに対し、苦情を言っておりました・・・


リボ組と合流した後は、さっそく日本海へ夕飯を釣りに行くことに

そう、魚が釣れないと夕飯の品数が減るのである!!!
なんとしてでも釣らねば!

釣り場に着くまでに、釣具屋を発見
そこで各自、好きなものを買っておりました
もちろんDAS一回生のアイドルゴカイちゃんも買うことに


ようやく釣り開始ですわ


しかし・・・





ぜーんぜん、釣れません

なんで?

釣れてもハゼドンばかりだし

リボ様は手よりも口ばかり動いているし


うーん、潮が悪いですな
こうなっては、魚がいても食べないです




パトロールにでていたパータン様が、
「向こうで釣れてるよ~」との情報

さっそくDAS総動員ですぅ!!!


アジがポロポロ釣れましたわ
私は、皆の食糧のために、ひたすらアジを釣る

他の方々はゴカイちゃんで変な魚を釣る


一人、職人みたいな人がいました・・・
PA130028_SP0000.JPG

ひたすらチャリンコ(タイの子)ばかり釣るんですわ

見ためは恐いんですが、中身は優しい人です




カマボコにしたら美味い魚も釣れてる
PA130029_SP0000.JPG

キムチもなかなか、集中力がありますなぁ
(きっとピンの釣りがうまくなるはず)

パータン and DASの巨人
PA130035_SP0000.JPG


今夜は例のOB様も宿泊先に直接、来られるのでちょっと早めに切り上げました


2台の車で同時に出発したのですが、八尾車の方が30分早かったのはなぜ?
リボ組が着くまでに、例のOB様がご到着♪♪♪



そう、例のOB様とは・・・




鈴木氏!!!!!
PA130050_SP0000.JPG



簡単に説明させていただくと、DASの危機を救った人です



蒜山の夜は寒いので、囲炉裏担当のアゴキン
PA130038_SP0000.JPG

鈴木さんからも
「おい! アゴキン!!!」、と呼ばれていました


料理をする
PA130043_SP0000.JPG

DASの男どもは、みんな生活力がありますわぁ
DASは同志社一、サバイバーだと思う



ん?
PA130044_SP0000.JPG


でかい人
PA130058_SP0000.JPG



うーん・・・、イタイ人がいますわ
PA130067_SP0000.JPG


魚はすべて、ミンチにしてお味噌汁にぶっこんだりました
写真はないけど、めちゃうまでした)


皆で写真
PA130069_SP0000.JPG



なんとも言えない、この楽しさ

鈴木さんからのお酒の差し入れで、ビーン様も上機嫌♪♪♪




栗ばかり喰う人
PA130074_SP0000.JPG


ここらへんで、DAS恒例(?)の事件発生っ!!!!!


トイレ付近から、悲鳴が!!!!!!!!

「痛いぃ~~~~~~~!!!!」



皆は
「どうした、どうした!?」



傷を負った巨人
PA130071_SP0000.JPG

まぁ、お決まりですね

何の障害物の無い所で、つまずいて、壁に頭を打ったんだそうな・・・

※ 彼は痛みを感じると、地面にうずくまる習性がある




そんなこんなで、食事をするだけに5,6時間も費やしていました
話をしながら、ゆっくり食べていたのであっという間でしたね


夫婦
PA130077_SP0000.JPG



食べた後は、寝ましょう


準備をする
PA130053_SP0000.JPG



食後のイモを焼いている間にスヤスヤ眠る天使を発見
PA130080_SP0000.JPG


きっとエロい夢を見ているのでしょう
羨ましいです




今日はこんな感じで終了です

鈴木様パータンリボアゴキンキムチビーンジグロー
とても協力的に働いてくれてありがとう






(2日目は、また明日くらいに書きます)




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

今頃、彼らは [釣行記]

今頃彼らは何を見て、何を感じているのだろう
そう、たった今、パータンターモン。Mr.ビーン・じぐろーはタイに海外遠征をしているのだ

彼らは8日に帰ってくるらしい
そもそもビーン・さかい君はベイトリールも使ったことが無いのに、いきなりPEを巻いたベイトでルアーを飛ばせるのかが、私の心配です
(まあなんとかなるだろう…)

彼らタイ組はバラマン・メコンナマズ・チャドーなどを釣るのだろうが、私と花田氏は、インドネシアに行ってきます
(僕らは9日~16日まで)

われわれが狙うのは、DAS史上、だれも釣ったことがない、あの淡水魚界世界最強の怪魚です

まあ、自然相手ですので、どうなるかはわかりません



実は私、八尾は大学院に行くので出発の前日(8日)は院入試なんです
で、翌日に出発するという訳です
しかも、遠征中に合否結果が返ってきたり、卒研の予備実験の中間発表があったのですが、行けるわけもなく、帰って来てから先生に直接、発表しに行きます
つまり、覚悟を決めて遠征してるということ

推薦入試だから、なんとかなるかな…
推薦入試は学科の結果は関係なく、面接だけなので、全く学科の勉強をしていません
(痛い目に遭いそう……)



てな訳で、余裕が無いのに余裕を見せる八尾ですが、久しぶりに琵琶湖に行ってきました
(2週間ぶり)

朝にクランクでポロポロ釣って、お昼からチャターしました

釣れたyo
P9010010_SP0000.JPG

目的は釣ることよりも、遠征に向けて炎天下の中で、12時間巻き続ける体力と集中力を保つことです

二年前に比べれば、体力はかなり落ちましたが、根気は強くなった気がします

二年前はベンチプレス120キロ上げてたんだけどなぁ…




今週火曜日に花田氏と一緒に遠征に向けて、買い出しに行ってきます

* 八尾は院に行くので、猶予が二年間できました
  まだまだ、現役でがんばっていきますので、よろしくお願いします
  (受かればの話だが)

  あと、10月の始めに関西圏の大学を集めて、琵琶湖で大会を開きます
  琵琶湖に強い立命館様、強者ぞろいの龍谷様、経験豊富な学長連様などにお誘いしています
  このブログを見て、参加されたい学生の方、OB様、はコメントください


nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

朽木でマスを釣る [釣行記]

どうも。

最近、金銭面の需要(物欲)と供給(バイト代)が全く釣り合っていない副会長の川幡です。


更新がかなり遅れましたが、6月10日に、 朽木渓流魚センターにてトラウトを狙ってきました。

今回はこの前と違って、初夏というトラウトのベストシーズンから少しずれた時期でしたので、この前の釣行

時よりも少し活性が低いように思えましたが、それでもさすがは朽木、大量 のトラウトが我々を楽しませてくれました。

DSC_0067.jpg

マスを釣りあげたビーンこと濱口君

また、今回は体験ということで、 女性のお二方(高橋さん 寺田さん)が参加してくれましたが、


正直言って、二人ともかなり上手でした。

今回、人並み以上にマスを釣っていたように思えます。

DSC_0068.jpg
DSC_0070.jpg


さらに、八尾さんが戦艦級をキャッチ

DSC_0072.jpg

この後、ベビーシャッドでさらにデカいマスを掛けられてました。

私自身はぼちぼちの釣果でしたが、今回、皆さんそれぞれがトラウト釣りを楽しんでいたように思えます。

DSC_0071.jpg

知らない間に撮られてた私(ブレてる)

余談ですが、偏光グラスは誰がかけても、ある程度威圧感が出ますね(笑)


最後に皆で記念撮影
DSC_0073.jpg

今回もかなり楽しめましたが、また今年中にもう一度行ってみたいです。


nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

ミミズのすゝめ  [釣行記]

こんにちは、最近ゼミのメンバーが私のことを院生だと勘違いするほど老けている八尾です
中学校のときは、病院に行くと毎回のように「帰りはお車ですか?」と聞かれました…

私は悲しみのあまり泣いた

はい、話は脱線しましたが、今回は久々に琵琶湖の釣果 and 私の日々おこなっているエコロジー・エコノミー活動についてです


● 琵琶湖釣行

私は週3で琵琶湖に来ているので、普段は面倒でブログにアップしていませんが、やはり時期というのもあって、50アップがかなり上がっています
今日は朝から家のボートで行きました

で、始まって数投で
P6030132_SP0000.JPG

ちーさいですー
45くらい ミノーのジャーキングできました

そのあとセクシーインパクトで、40前後のをたんまり釣るのです
面倒なので写真はありませんよ



今年一年はバイブレーションは封印してジャークベイトしかしないと決めた私はひたすらジャーク
すると・・・

P6030133_SP0000.JPG

ちーさいです~
50くらい? 超えた? 超えてない? うん測っていない

ジャーキングはやっぱり、おもしろいですね

この前に佐藤さんと来た時に、ジャークベイトに喰ってきてカルティバの針をへし折り、曲げ、片手ではロッドが持って行かれそうになったのは、いったい何だったのかと、不意に思い出す私
(バスでこれほども簡単にカルティバの針を壊す魚を見たことがない)

そんでそんで、今日はペンシルでも釣り、トップでぱこぱこして
なんだか、今日の活性は高いなー、60出るのでは?と期待していると電話が…

なんと知り合いが亡くなったという電話で至急帰れ、とのこと

ううぅ・・・、言葉にできない

あぁ、私が小学校の時からファンだった小田和正さんの歌が頭に流れている

釣れていないときは未練なく帰れますが、めっちゃ釣れてるのに~
でもそんなことは言っていられないので、7時に終了なんやかんだで、50くらいのを頭にたくさん釣ったので良しと自分に言い聞かせる


こんな6月3日であった



● えころじー・えこのみー

皆さん、最近よく耳にするエコに関してどのようなことをしていますか?
節電とか? ハイブリットカーとか? それともクールビズ

昔から我が同志社内で夏場におこなわれる、教室内28℃設定はどうしても許せないものを感じます
まず、大教室で生徒数が500人を超える教室で28℃設定では、室内は30℃を余裕で超えますから
なにがダメかというと、大学は勉強の場であって、優先すべきことはエコではなく、今後の日本を牽引してゆく学生の知的発展のはず

暑くとも生徒は我慢をすればよい
しかし、教師が暑ければ授業に対する集中力が消えます
つまり大学の質が落ちる
(実際に多くの教師に直接質問して、そう言っていた)

毎年、校内でエコサークルみたいのが正門前で28℃キャンペーンをやっているので、どうしても許せない私は毎度、彼らと口論になる…

つまり、私は言いたいのはもっと柔軟になって、教師と生徒が快適に過ごせる温度に各教室で、その日に合わせればいいということです


おっと、また脱線してしまった…
エコサークルの方々、叩かないでね


じゃあ、そんな生意気なことを言っているお前は何かエコ活動してるのか?と言われると困るのですが、とくに何もしていません
ただ、夏場はクーラーも扇風機もつけませんし、冬は氷河期が来ても寒さに強くなるために、暖房機器を一切使いませんし、タンクトップでうろうろしています



そして、なにより私が最近ハマっているもの
これこそ究極のエコ?なんではないかと、ふとそう感じました

それはミミズ

きっかけは釣りに使うミミズを繁殖させて増やそうとしたことでした
まず、このミミズを飼う上で大切なことは温度を一定にすることです

そのために私は発砲スチロールを用いています
餌はというと、主に私たちの残飯です 野菜の切れ端や、魚も肉もなんだってOKなんですよ
つまり、ミミズを飼えば生ごみが全く出ないっ!!!!
生ごみは、ミミズたちによって消化されます
(ミミズの量によって程度が異なります)

そして、食べれば出すわけで、それは肥料になるのです



みずみずしい、シマミミズ君 (まっすぐな状態で約13センチ)
P6030134_SP0000.JPG

その肥料で、私は家庭菜園をしています
今の時期はゴーヤです ゴーヤは暑さに強く、簡単にしかもたくさんゴーヤが実ります
しかも、ゴーヤは緑のカーテンと言うように、ツタを伸ばし室外機の周りや窓の周りに置いとくと、電気代が数万節約できます (マジですよ)

できたゴーヤは体によく医者いらずの野菜と呼ばれるほど
つまり、夏バテもしないし風邪や熱も出にくいのです

で、もちろんゴーヤの残飯もミミズに食べてもらうのです

どうです? この小学生が考えたような方程式


私のミミズプラント
P6030136_SP0000.JPG


栄養満点の餌を食べたミミズは生きがよく、針持ちも抜群!!!
しかもミミズにうまみと、独特の香りがついて、天然のイワナや、アマゴの反応がまったく違うらしいです


繁殖率は一年で、うまく飼えば数十倍に
いくら使っても無くなることはありませんし、一定の量になると止まりますので心配いりません
ただ、ミミズの尿によって酸性が強くなるとミミズが全滅するので、たまに土を家庭菜園に利用するなり、取り替えてください


ミミズの卵 (一か月ほどで孵化する)
P6030137_SP0000.JPG


なかなか、ミミズの飼育は面白く、とても興味をそそる動物です
最近では、釣りやエコとは関係なく、ミミズの生態そのものに興味があるほど



最後に、ミミズの赤ちゃん
P6030139_SP0000.JPG


キモイかって? 全然
はじめはそうでしたが、今ではこのぷにぷにを触ることが、生活の一部になりましたから



nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

ビワコノオカッパリ [釣行記]

こんにちは。
金曜日に電車が止まり4限だけ受けて帰った蔦川です。
今回は琵琶湖に陸ッパリに行きました。
メンバーは京田辺生協書籍部に宣戦布告しに行ったDASのご意見番ナカジ~と、今年入部の2回生ルーキーの尾崎くんと私の3人です。
最近の琵琶湖はハスが大量発生だと聞いてたんですがバスも釣れているとの事で期待大でした[わーい(嬉しい顔)]

場所は前の夜釣りと同じく唐崎の自衛隊前です[手(パー)]
朝8時と遅めのスタートではじめたのですが水面には大量のギルとそれを追いかけ回すバスがチラホラ[グッド(上向き矢印)]
そんな奴らにルアーを入れるも食わず...
そんな中、真っ先に100円クランクでギルに口を使わす尾崎くんDSC_0059.jpg

しかし、バスを見た限りギルを追いかけ回してるので...
「魚っぽいのなら食うんじゃね?」
といったあまりにも甘過ぎる考えの基、フラッシュJを入れたとたん....
DSC_0058.jpg

アラフォーのおじさんバスがパクリッ[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

しかし、少し遠くに50は軽く超えてるペアが回遊している(-_-;)
そいつにもルアーを通すがガン無視[失恋]
しかし、そんな時にはサターンのダウンショットで一発
DSC_0062.jpg
オスそっちのけでサターンに浮気してきたメスの50うp[ぴかぴか(新しい)]

周辺でもチラホラ釣れてるのを見ていて一言
「ギルかけたら今回なら喰うかも」
50うpを釣り上げおかしくなった自分は早速ギルをつけベイトフィネスロッドでキャスト~


そしたら...




ハリをかけてヨタヨタしてるギルの後ろを....




「スー、、、ガブガブ[どんっ(衝撃)]

一同唖然[あせあせ(飛び散る汗)]
バスがギルをグミを食べるかのごとくムシャムシャ[がく~(落胆した顔)]
ギル食べられた~の一言と同時にフルパワーでフッキング[手(グー)]
40センチ強のバス喰った[グッド(上向き矢印)]
見ていた、ナカジー、尾崎君もやり始めて早速ナカジー2連発[手(チョキ)]
DSC_0065.jpgDSC_0064.jpg
尾崎くんもスピニングでドラグをジリジリ鳴らしながらファイトするも惜しくもエラ洗い一発でバラシ[もうやだ~(悲しい顔)]
てな感じで12過ぎには暗黒面に落ちてしまった3人はギルを生け贄に強大なパワーを手にし釣り続け、終了の6時までに3人で10匹近くのバスを手にし、帰りは何時も通り天一で終わりました[わーい(嬉しい顔)]

シーズン中はまた企画するので今回これなかった人も大丈夫ですので次回参加はお待ちしてます。


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

マスオさん捕獲計画(^_^)/ [釣行記]

こんにちは、「今、一番嫌な授業は!?」といわれると「実験!」と即答する会長の蔦川です。
今回は、リボの告知通り6月の10日にトラウト釣りがあるとのことで近所のトラウト釣り堀にプラクティスに行きました(これを見た新入生はトラウトってこんなもんかって思っていただいたら幸いです)。

場所は、京都の某所にある「通天湖」です。
ここはトラウトをしたことがある人にはメジャーフィールドとして知られ、「関西圏で唯一ボートでトラウトが狙える」とこです。
因みにこんなとこ[手(パー)]
DSC_0054.jpg
DSC_0049.jpg

今回は朽木のプラということで桟橋での釣りです。
主な魚種としては、マスオさん(ニジマス)、伊藤さん(イトウ)、ジャガートラウト(ブルックトラウトとイワナの雑種)がいて、湖全体(小規模ダム湖程)に魚を放流してるので半野生化して引きはえげつないです[あせあせ(飛び散る汗)]

ついてそうそう、前日に作ったアンチマスオさんルアー「熊蜂ジグ」をオバハン(オバーハング)へキャストしてロッドをシェイクアクションをさせると...
DSC_0041.jpg
ジャガーさんが釣れました(35センチくらい)。

てか、初めてジャガーを釣ったのでランディングのときは超ハイテンションでした。

その後もクマバチさんをキャストしてるとマスオさんがでるわでるわ[わーい(嬉しい顔)]

50手前のやつ
DSC_0053.jpg

しゃくれのやつ
DSC_0052.jpg

顔から伝わる哀愁感ハンパねぇやつ
DSC_0046.jpg

てな感じで今日だけで軽く2ケタのマスオさんたちを捕獲しました(小さいやつの写真割愛[ふらふら])。


10日にはクマバチさんをもっていくので欲しい人はあげますよ[手(チョキ)]

また、ここにも行ってみたいとのことであれば私にご一報くだされば連れていきますヨ。

だいぶ端折った内容ですが、見てくださってありがとうございます[わーい(嬉しい顔)]









nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

琵琶湖での大会 [釣行記]

どうも、副会長の川幡です。

ブログの更新がかなり遅くなってしまいましたが、5月13日、琵琶湖の唐崎のランカーハウスにて大会を開催しました。

今回は五月の琵琶湖、しかもボートということで、ある程度の釣果は期待できました。(中旬ですので、アフターに入り気味でしたが。)

当日は、前日からの冷え込みからか、コンディションは万全ではなかったと思いますが、それでも、ボウズは
ないだろうと思い出撃。
DSC_0036.jpg
(追いコンには参加しなかったので、ランカーハウスの二馬力艇は初めてでしたが、手漕ぎよりもはるかに快適でした)

すると開始三十分辺りで、近くで釣っていた蔦川君(会長)にHIT。
DSC_0034.jpg

真横でバスを釣られてしまったので、こちらも負けじとやる気が高まりました。

しかし、最初の方は、バイブレーションやスピナーベイト、ミノーなどのハードプラグを投げておりましたが、
太陽の位置が高くなるにつれ、段々とワームでの釣りに移行。

その後しばらくたって、中嶋君(ナカジー)も釣っていたことが判明し、若干ヤバい状態に。

結局、保険のダウンショットに切り替え、終了間際に41センチを一本。
DSC_0039.jpg
(ほぼ徹夜の状態で車を運転してきたので、我ながら顔がヤバいです((笑))


本当なら写真に撮るほどのサイズではなかったのですが、

私川幡、副会長になってからブラックバスの釣行で、不名誉にも三タテ
(浜大津オカッパリ、自衛隊裏夜釣り、GW釣行)をくらっておりまして、今回のバスはアベレージながら嬉しかったわけです。

ここまで自分視点で書いてしまいましたが、大会の結果はというと、


残念ながら50UPは出ませんでしたが、ほとんどの方がバスを釣り上げておりました



DSC_0037.jpg
優勝の中嶋君(ナカジー)



また、自分は前述の一匹に終わりましたが、一方で先輩方は、かなり多くのバスを釣りあげられており、腕の違いを改めて見せつけられました。

残念ながら、新入部員の方は、今回バスを釣ることはできませんでしたが、ボートでの釣りは新鮮な経験になったと思います。


DSC_0040.jpg
最後に皆さんで記念撮影。


その後、用意したメーカー様からのご協賛品を皆さんで分けましたが、前回に引き続き今回も大好評でした。


DSC_0033.jpg
今回ご協賛にご協力いただいたメーカー様(簡単ながら作らさせていただきました。)

今回ご協賛にご協力いただいたメーカー様方、本当にありがとうございました。



お知らせ

皆さん既知だとは思いますが、今度の6月10日、滋賀県の朽木渓流魚センターにて、トラウトフィッシングを行います。行きたい方でまだ連絡をされていない方は、私川幡か、会長の蔦川までご連絡ください。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

GW釣り合宿(パータン・リボ・ナカジーの旅DAS~釣行記でごめんなさい~) [釣行記]

こんにちは、レポートも書かずに遊び倒してる蔦川です。
今回はGWともあり我々2回生(私、リボ、ナカジー)で東播の野池へ釣り合宿に行きました。
(今回、タモンは先輩と外国に亡命(旅行)に行ったのでいないですが、その記事も書くとのことでお楽しみください[手(チョキ)]

1日の晩に集合し、そこから釣り具やを転々と荒らしにいって目的地に行こうとしてたのですが.... 

雨風強すぎ[バッド(下向き矢印)]

やる気ダダ下がりの中、神戸のガストに行き一休み。
DSC_0020.jpg
運転手のリボ、ポテトをムシャムシャ。

休憩も終わり一同東播へ向かい、途中地元の釣り具やで情報を聞き池巡り[車(セダン)]
ですが、強風大雨で釣りにならず撃沈(T_T)/

仕方なく、神戸まで戻り疲れた体お癒すべくスーパー銭湯へ[わーい(嬉しい顔)]
そこでリボが風呂上りにこんなものを発見しナカジーとゴクゴク。
DSC_0021.jpg
その後、マンガ喫茶で夜を過ごし、2日目は神戸の野池を攻めました。
2日目は雨も上がり釣りはしやすかったのですが前日の雨で気温が下がりバスたちの活性が低下[もうやだ~(悲しい顔)]
さらに、横で釣りしてたオジサンがなかなかのアフターバスを釣りあげテンションガタ落ち[バッド(下向き矢印)]
 
しかし、めげずに池を周り、さがすと...

バス、いたぁ~

みんなで騒ぎまくりながらルアーを入れますが、食わず[ふらふら]
どうも、先ほど釣った人がいたみたいでバスの警戒心ハンパねぇ[雷]
しかしめげずに入れてると....

コンッ、ビシッ
DSC_0022.jpg
釣ってやったぞ40手前のオジサンバス

しかし、ここからが続かず、運転手リボの体力の限界が近づくころだったので惜しくもここで閉幕となりました。

帰りは、尼崎のワンカルビで軽い打ち上げ
DSC_0024.jpg
巨人リボ、トング片手に大暴れ[手(グー)]
 
今回はとても残念な結果になったのですがまたやりたいと思います。(今度は新入生も含めて[手(パー)]
リボ、ナカジー今回は大変だったけど、楽しかったです、ありがとう[わーい(嬉しい顔)]


で、終わりたいのですが、結果に気に入らない私は帰った次の日に間髪いれずに近所のトラウト釣り場へ(ここには、以前エンドゥ、タモンとナカジーと行ったとこですが、この時の記事はタモンが書く予定....)
ついてまず30センチほどを乱獲
DSC_0026.jpg
ヒットルアーはハンドメイドジグ(タモン、ナカジーは知ってるので知りたかったら彼らに聞いてください[耳]
しかし、これだと釣果がマンネリ化するのでここでトラウトにはあまり聞かないベイトタックルを投入
フロロ6lb,SMシャッドをハイギアリールで高速巻き&ジャークしてたら
DSC_0027.jpg
(画像見にくくてゴメンナサイ[ふらふら]
35いくかいかないか程のマスオさんがアタック
DSC_0029.jpg

自分ここで初めてベイトで釣ったので一人ではしゃぎまくってました[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]
こんな感じで満足し家に帰りました。
因みに、30センチですが、バスとトラウトでは引きが圧倒的に違います。
トラウトはサイズ関係なくグイグイ引っ張ってきます。
正直、バスよりおもろいです(笑)
是非、トラウトの方も企画するのでお楽しみに[手(パー)]

今回は、かなり長ったらしい記事でしたが見ていただきありがとうございました。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。