So-net無料ブログ作成
検索選択
野池物語 ブログトップ

野池 de フローター [野池物語]

こんにちはー、八尾です
昨日の大阪の雨、すごくなかったですか? 雷が半径340m以内にバンバン落ちてたんですけど…

くわばら、くわばら

今回はビワコオオナマズ釣行失敗の翌日の野池でのフローターの話をします

皆さん、夏と言えば? と聞かれると何と答えるでしょうか
それぞれ、スイカや海、カブトムシ、肝試しなどあるでしょう
しかし、私の ”夏といえば” は、フローターなんです


さっそく、朝の6時ころから準備をして、7時には出発
いつも家の近所の野池で浮かばせています



が、さっそくやってしまった……
現地について、気付いたこと  それは、空気入れを忘れてきた


家に取りに帰って(と言っても、片道10分くらいですが)、シュポシュポ空気を入れます
これが滅茶苦茶たいへんなのです
およそ、700~1000回くらい、シュポシュポするから、汗は止まらんわ、上腕筋は疲れるわ


で、完成すると
120805_0838~010001.jpg


イイ感じでしょ?

まだまだ、この時点では釣りができませんよ
空気を入れたら、この浮輪と、フィン、ライジャケ、釣り具一式、飲み物、食糧を持って、およそ片道5kmの山道をひたすら登るわけです

重さ10kgを越える荷物を持って、急な山を登る…
途中には40°の坂や、200段の階段などあり、かなり筋トレになります
(私は、ノンストップ・駆け足で登る)


途中、登山中のおばちゃんたち(約20人くらいと遭遇)に、励まされたり、お菓子や水をもらったり、世間話をしたり

フローターを担ぎながら山を登ると人気者になれます


ようやく、池に着いて開始

10分くらいで、一匹目
120805_0953~010001.jpg


小さいですね 13の目盛りですが、cmではなく、インチなので30cmちょい

この日は曇っており、魚が池全体に広がってしまって、釣りづらいです


基本的に私がフローターで狙うのは、このようなオーバーハングしたところです
120805_1116~010001.jpg


この下にスイッシャーや、ワームを投げて釣るわけであります

ひたすら、投げてると…
120805_1126~010001.jpg

がりがりー

でも18インチありますので、およそ48cmくらいか


なんだか今日は渋いですな…、活性がよければラインがいっきに走るのに…



もう帰ろかな? と思っていた時、突然太陽が出てきました
チャンスっ!!!  ドピーカンになればなるほどバスは木下に集まりますからね

今年卒業なさった、先輩方のために作ったスイッシャー(まだ、渡せていないが)の予備を、奥の奥にキャストー


必殺ただ巻き

ボフッん、と喰った

110724_1223~030001.jpg

21インチ(53cmくらい) おなかポコちゃんです

まあ、こんな感じの釣りでしたが正直、今日は渋すぎでした
去年は、もっとでかいのがたくさん釣れたんですよ

またリベンジしよー

ちなみに、自作スイッシャーはこんなの
P3090104_SP0000.JPG




*今日の釣りのお値段
・ガソリン代:50円 (カブに乗っているから超燃費がいい)
・フローターセット:0円 (もらいもの)
・ウェーダー:0円 (親戚からのもらいもの)
・ポカリ:130円
・おにぎり:家から持参
おばちゃんの群れとの交流:プライスレス
  (またお菓子ください)



ここ最近は、例の海外遠征資金がすごいことになっているので、貧乏フィッシングしかできませんが、暇があれば釣りに行きますので、またブログ更新いたします

やばいですよ~、今回の海外遠征は…  世界最強のアレを狙いに行くんですから
(後輩たちはタイに遠征するらしいです)


めぐり合い野池2(←そら、と読んでね) [野池物語]

さてさて、今日も野池に行ってきました  
もうホント国から、野池マイスターの称号がほしいですな  ふむ

今回の野池釣行は一人ではありませぬ  今日は特別ゲストに今年の新入生である、エンドゥ君が私の家に泊まりに来ました
彼と住道駅で2時に待ち合わせ、いったん家に帰った後に、昨日私が行った池に向かうのでありますた

今日は彼にみっちり、むっちり、と釣りを教えようということです



んで、さっそくこれを、昨日の釣法で
P5030016_SP0000.JPG


いやはや、釣りというものは楽しいものですな  ふむ

私が壁に張り付いていたイモムシをプ二プ二していると、向こうでばしゃばしゃっ!!!


エンドゥが必死になって、バスと格闘中・・・


結果、こんなのが釣れる
P5030017_SP0000.JPG


うぅ、自分が釣ったのよりもデカス  ポテ子ではありませぬか
P5030019_SP0000.JPG



それから、我々は何度も50UPを逃がしましたが、なんとか最後の最後に彼がその日最大の54㎝を釣り上げ、フィニッシュ   < The end だぁ~

P5030023_SP0000.JPG


明日もエンドゥとどこかに釣りにいきますが、他の新入生のみなさんっ!!!!!!
いつでも、私の家に泊まりに来てもイイんだYO
”求める者には、与えられる”と昔から言うでしょ
少しでも新入生のみんなと私は釣りがしたいんだぁ
(* 偽善者ではありません)




めぐり合い野池(←そら、と読んでね) [野池物語]

こんばんはぁ  またまた八尾です  そろそろ「こいつばかり、うざいなっ!!!」と感じている人もいるのではないでしょうか? 
最近、私の目標はSo-net の学校部門で1番になることです(私自身も意味がわかりません)

ところで、昨日、今日と野池めぐりをしてきました

昨日は163号線沿にある秘密の池に行ったのですが、この池はファミマの近くにあるので、ファミマ池と私は勝手に呼んでいます
数年前はよく釣れたのですが、去年に壊滅的な水抜きを行ったので正直、魚はいないだろうと思っていました

しかし・・・、いるじゃないですかぁ~  水もかなり澄んでおり、群れでウヨウヨ  

そこで、買ったばかりのハドル・ジャック105を投入!!!



簡単にこれが釣れたひょ
P5010010_SP0000.JPG


アタリからして、この魚は間違いなくネストでしたね  少々、かわいそうなことをしました
まあ、この池はギルちゃんが少ないのでいいかな・・・



こんな場所

P5010011_SP0000.JPG





そして今日
ホント今日は初夏を感じましたね  日焼けしすぎて、自分の皮膚からこんがりとおいしそうな匂いがしましたもん      もうコゲコゲ

この日は、近所にある平池に行ってきました    結果からいうと、めたんこ釣れた
45UPを10匹くらい釣りましたね  ルアーはたった2つ  この前の”でかピー”と”ハドル・ジャック”です


ポイントは2つ  ①直角のコンクリの真横をピー子で巻きとおす   ②ハドル・ジャックは腹にシンカーを張って潜るスピードを高め、アリが歩くくらいのスピードで巻く     

すると、こうなる
P5020014_SP0000.JPG


もう帰ろうか、と思っていると後ろから声が、「おじちゃん、魚釣ってるん?」
振り向くと小さな少年が目をキラキラさせながら、こちらを見つめていた
その少年は私の釣りをするという動作そのものに興味があるらしく、周りから一向に離れようとはしなかった
はじめは、内心一人でゆっくりと釣りを楽しみたかったのであるが、少年のダイヤモンドのようにしっかりとした、鋭い好奇心にハッとなった  すると急に私は幼いころの自分と重なり、郷愁の思いに浸ったのであった



子どもの前でいいところを見せれて、ほっと一息
P5020015_SP0000.JPG

帰りは、少年といろいろ話をしながら帰りました
その話の中で釣りをする以上、極力自然のことを考えなければね、と言うと、「うん、将来おじさんのように釣りをするときは、ちゃんとそうするよ」と言ってくれました
今日一日は釣りのことだけでなく、多くのことを学びました  それは、決して老成した大人からではなく、幼いが故の純粋な心をです


やっちまった・・・ [野池物語]

こんにちは、八尾です
今日は天気もいいので近所の野池に行ってきました
正直、水温もそんなに高くないだろうとも思いながら、深場をねらわずあえて、オーバーハングなどのカバーばかりせめることにしました


すると、一投目でこれ




(どや顔でごめんなたい)
P4290002_SP0000.JPG

釣れたのは、昨日買ったばかりの”でかピーナッツ”です
これがまたすごいんですよ  
重さが1/2オンスでめちゃ飛び  動きはぶりぶり  値段、格安(700yen)
どうです?  三冠王でしょ?  



ちなみに、釣ったのはこんな場所
P4290005_SP0000.JPG
カバークランク的に使い、奥の奥でhit


これからどんどん暑くなっていき、カバーゲームが面白い時期になっていきますね

P4290008_SP0000.JPG


しかし、今回私が言いたいのはそんなことではありませんっ!!!!
帰り道でその道が一方通行だとは知らず、通ってしまい警察に止められたのです・・・
ズルいです  夕日が逆光してたんですもの・・・  しかも、交番の前を通っちゃったんだもの・・・
ええぃ、悪いのは私ですよ  でも、これが初めてではないんです  
免許をとって2カ月も経ちませんが、実は今回で三回目・・・・・・
笑う者は笑うがいい  でもほんとは、誰でもいいので慰めてほしいのです
減点4になったので違反者講習を7時間も受けなければならないし、一万五千円も講習代に消えるし、こころはボロボロ

今、必要なのは優しい人の励ましの言葉なのです

(決して、同情を求めてなんておらぬ)

野池物語 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。